具体的な対処を|段階的にうつ病を治すために~カギになるのは抗うつ剤~

具体的な対処を

older woman can not sleep

抗うつ剤はうつ病の症状に向き合うためには必須だといえます。抗うつ剤がなければ治療の前提が整わないので、今より悪化を防ぐためにも服用するといったイメージです。
この事から、抗うつ剤を利用したからといって、うつ病がきれいさっぱり治るということはありません。抗うつ剤を利用しながらもうつ病の原因を突き止めることが必要なる問うことを覚えておきましょう。

そのためには周囲の人間の協力が必須です。うつ病は環境要因で生じることが多いので、原因となった環境を変えていく必要があります。
それなのに、家族や同僚がうつ病患者に対して腫れものに触るように接したり、「うつ病弱い人間のなるものだ」と攻め立てるようなことを言ってしまうと、どんどんうつ病患者は追い詰められていきます。
まずは周囲がうつ病という病気に対して正しく理解し、心身ともに休める環境を作ってあげましょう。うつ病患者が心置きなく休める環境は周囲の協力が必須なので、ともに治療を行う覚悟で寄り添っていきましょう。

心に余裕が出てきても無理はせずに、できる限り心療内科に行きましょう。自分がうつ病になった原因について理解できる人はほとんどいません。自分でも気づけない認知の外側に原因がある場合は、どうしても専門家の力が必要になりますので、「治してもらう」というよりは、「相談しに行ってみる」「話をきいてもらう」くらいの感覚で行きましょう。
抗うつ剤と十分な休息、そして専門家の助けがあれば、うつ病は必ず快方に向かっていきますので、あきらめずに治療の道を進みましょう。